前へ
次へ

エステでの紙ショーツ姿が気になるのは最初だけ

初めてエステサロンでボディのメニューを受ける場合、その際の格好に最初は躊躇するかもしれません。
すでに何度もボディを体験している人にとっては、何の抵抗もないことですが、着替えをして身につけるのは紙ショーツです。
紙のブラを用意しているサロンもありますが、ほとんどは紙ショーツにラップタオル、もしくは大きなタオルであり、着替えたら施術が始まります。
特に痩身エステの場合は、身体に直接触れてマッサージをしたり、痩身マシンを使いますので必ず着替えが必要です。
着て行ったままの洋服で施術を受けることはできませんし、発汗も多くジェルや化粧品がついて汚れますので、着替えないわけにはいきません。
また痩身の場合はボディサイズの測定と体重測定もあるので、基本的には紙ショーツのみで裸です。
もちろん施術に入ったらスタッフが気を遣ってくれるので、必要以上に肌をさらけ出すようなことにはなりません。
たくさんの発汗があるほど、施術後の測定の数値にも期待が持てるので、紙ショーツ姿などだんだん気にならなくなります。

Page Top